ラッキィィィィィィィ7まとめ

今回のコンサートは「ジャニーズWEST」を見せてくれた。

新しいものというよりかは、彼ら自身を見せてくれた。



めぇは、デビュー後1年間の蓄積をバーンと、俺らがジャニーズWESTだよ!と全力で突っ走ったようなコンサートで。


パリピポはその中から新しい色だったり、新しい魅せ方をしていて。

これからの可能性にわくわくさせられて。だからこそ、驚きの多いコンサートだった。


今回のラキセは、今までそうやって積み上げてきていた持っているものをそのままに、さらに濃く、強くして見せてきた感じだった。


だから、ものすごく驚かせられる演出はなかったけど、想像を、期待を超えてきたからそこで驚かされた。

これがジャニーズWESTです。


あと、他の人のブログ読んでて、あーそうだなって気付いたのは

常に、自分たちを知ってもらおう。楽しませよう。ファン増やそう。つかもう。って気持ちが強い演出かもと思った。

今まであんまり感じなかったけど、ファンとの年一回のミーティングというよりかは、ここで俺らを見せてやる!ついてこいや!って感じ?

だからこそ

ジャニーズWEST」を見せてるのかも。


もっとセトリこうして欲しいとかあるけど、

もっと何かあったんじゃないかなと思うけど

今の彼らにはこれが一番いい形なのかもとも思い始めた。

なんだかんだ言って、全部楽しかったし、やっぱり好きだからそれでいいや。笑



あとね、我らが自担、重岡さんがね。

私の中では、デビューから1年間は"THE キラキラアイドル重岡大毅"

だったんだよね。だから、ファンには一つ壁を挟んで、キラキラスマイルだったと思うんだよね。いわゆるアイドル。

それは多分関西Jr.時代からそうだったと思う。

だからこそ、センターでぶれない重岡大毅を作ってたはずだし。


でも2年目は、いい意味で崩れて。笑

それまでもふざけ倒してたけどさ。

肩の力が抜けたような。

パフォーマンスがね。

へい!へい!へい!へい!って。笑

その場をそのまま楽しんでるような。

楽しそうですごいそんな重岡くんも好きなんだけど、あの頃の完璧人間な営業キラキラスマイルアイドル重岡大毅も見たいな〜と思ってた。



けどね、今回のコンサートは本当に「アイドル」だった。

それも、肩の力がきちんと抜けた上で、いわゆるアイドルを決めつけてないで、そのままアイドルとしてすっと立ってる感じだった。

それが死ぬほどかっこよかった。

あーやっぱり、重岡大毅は完璧なアイドルだった。

でも、前に感じてたキラキラアイドルじゃなくて、たくさんの種類の表情があって、

すごく幅が広がった感じがしたなー。

かわいいのも着させられてる感じゃなくて、もうそのままの重岡くんが可愛かった。


でも、ファンに対する姿勢とか、アイドルとしてのプライドというか、感覚でしかわからないけど内面の強さとか。

重岡大毅」は飾りも媚びもしないからこそ、ブレがなくて。

メンバーのこととか、アイドルであることを人一倍考えて、大切にしてるイメージは変わらなかったな。


その中で、ファンの求めてるものにも応えようとしてるのはなんとなくわかって。

他のメンバーよりもファンサとか苦手だから、きっと一番葛藤してる部分じゃないのかな。笑

軸をブラさないまでも自分の許す限りで頑張ろうとしてた気がする。

今までは自分が楽しくて、自分の思うままを出してた(それが素敵だったんだけど)。

そこから少しずつこちら側へ降りてきたような…

自担贔屓ごめんね!笑


ということでした!

楽しかったよ!ありがとう!

3月あと一回!たのしむ!


【メモ】ラッキィィィィィィィ7(part2)


長いよ、長いよ自分。


モンキィィィィィィィ7はかわいすぎた!

それしか言えない。かわいい。以上。

もう、これはメモしなくても鮮明に思い出せるからいいや。


ファンミをするよ!って発表したときに、

2日目の2部は反応がすごい悪くて。

レポ見てるだろうし、何回も入ってる人ばっかりだろうし。

逆にそこで「きゃー!」という方がおかしいくらいの空気で。

その時にのぞむが

「は く しゅ!」

って、なんていうんだろう、盛り上げるためというよりか「反応してよ!」って感じで言ってて。

あーやっぱり反応ないと悲しいよね。って。

なんとなく切なくなっちゃった。

リピーターよりも、1回きりを楽しみに来る人とか新規が必要だなと思った。

リピーターな私がいうのもなんですが。。。


そのあとの怒涛のテンション爆上げメドレーはよくわからん!笑

初日に関しては、目まぐるしすぎて、なんの曲なのかっていう意識がゼロだった。

周りの関西Jr.にきょろきょろしてたのもありますが。笑


MCはやっぱり素敵だったよぉ。

内容はもうほぼ覚えてないけど、きちんと話してくれて。

今回は交代で着替えるんじゃなくて、ずっと7人でトークだったから、

みんなで話そうとしてくれてて。

その中で、うまく話をぽんと広げる転換点?を作るのがやっぱり照史くんで。

いわゆる仕切りとしてメンバーを見てるのが淳太くんで。

それをものすごく感じたMCだった。

グループのバランスってこういうことなんだなーって思いました。まる。


関西Jr.のコーナーのあとは、Lovely X'mas!私の本命!

でも、予想外にただかわいいだけじゃなかった…

神ちゃんはもう本当にあなたわかってるね…!って感じでかわいさ醸し出してきたんだけど。死んだ。

重岡さんは、なんかかわいいんだけど、かわいいんじゃなくて、かっこよさを抑えてアイドルからみんなの恋人になった感じの雰囲気でした…かっこよかった…隣で歩きたい…( ;  ; )

フリはかわいいからものすごくアイドルっぽいんだけど、クリスマスだから!クリスマスなの!関西Jr.も含めて、リア恋枠ドーーーンてストレートに突いてきた。好き。


次の桐濵はもう、ね

予想通りなんだけど、期待以上だった。

関西Jr.の女装は予想の範囲内だけど、曲に合わせたパフォーマンスは全部「なるほど!」と思った。

最後の二人がかわいすぎて。首こてって。

2日目の2部は顔近づけすぎたのかわいすぎた。


神八が出てきたときはなに!え!ってなったけど、そこから3.14…に言ったのはうお!そういうことか!なんで気づかなかったんや!!って。

教科書でやる振りがかわいすぎる。

学ランは、なんだろう見慣れてたな。笑

そのあとのホルモンへの流れが好きすぎて!!!!

平田さんの犯罪発言は一生忘れん。笑

マントみたいなの着てたのまじくそかっこ良いし、淳太くんのパートめっちゃ好き。歌い方好き。

ぽぽーい!死ぬほど楽しい。大好き。



はい、TAMERな。まじで。本当に。

これはね、今回のライブの中でもう、トップオブトップな。

雰囲気、演出は予想通りだけどこれもまた期待以上のものを見せられた。

ムチの音が聴けたのは本当にラッキーだわ。

バックのダンスのクオリティー含め、

あれは立ち見で見たときは関西Jr.の多さにびっくりしたし、バックのダンスが獣で、

完全に淳太くんが従えてる図で、もうたまらんかった…!


んで、ポップアップで登場したレッドライオンに目が奪われた………………

あのね、あれほど顔がかっこいいと思ったことはないってくらいかっこよくて、野獣で野獣アイドルだった(あれ、どこかで)

んで、6人が集まって、真ん中で淳太くんが踊るところで足広げて踊るところの振りが好きすぎて、かっこよすぎて、

人生で初めてかっこよすぎて涙出そうになった

なんだろう、クオリティの高さに感動したからなのか、嬉しかったからなのか、好きすぎて心がぞわってした感覚に震えたのか

全部正解のような、違うような。

とにかく好きすぎた。

そのあとのEternalも目が離せなかった。

間違いなく、この流れが私の中で一番だった。本当に感動した。身震いした。


からのズンドコは楽しかったな〜笑

重岡さんは顔が切り替えできてなかったー

やっぱりあるんだな顔が。それ用の。アイドル。


マルモウケは聴きたいと思ってたけど、

ノリ方が最初わからなくて、難しいんだなーって思った。

「盛り上がれんのか?!」

「俺ら次第やぁ〜!!!」

はコールアンドレスポンスが、大阪の初日から逆になったらしくて

どういう意図があったんだろう。

最後の最後だったことも気になるけど、わからないな。まだ。


というわけで、終了!



と思うじゃん!

私的大イベント!!

最後だからみんなに、手を振ってたら、

丈ちゃんが!!今までなんとなく振ってた丈ちゃんが!!わざわざ両手で振り返してくれたの!!!!

もう、それがかわいすぎて!嬉しすぎて!大好きだった!掛け持ちしそう!やばい!どうしよ!




楽しかった!ありがとう!




【メモ】ラッキィィィィィィィ7(part1)

2日間、ラッキィィィィィィィ7というジャニーズWESTの2nd tourを楽しんでまいりました。


語彙力鍛える。よっしゃ。


初日は近すぎてみたいものが見えたような見えなかったようなでだだだっと過ぎて行きました。

とはいえ、感覚的には一番長く感じた。


まず席に着いた時、心なしかステージセットがものすごく小さく見えた。

あれ、こんなに小さいんだと思った。

実際2日目に見た時は、「ステージあんなに大きかったっけ?」と思った。

とにかくドキドキしてたし、緊張してた。

席の近さに関しての学びでいうと、こちらがいつも見えないものが見えると同時に、

あちらからも私たちが見える位置にいるんだなということ。

テレビではなく、2次元ではなく、彼らは確かにそこに存在していた。

同じ空間に。

それをひしひしと感じた。


いつもだいたい映像とかだけじゃ私は叫ばない(というか、どんな時でも叫ぶのには、抵抗がある)んだけど、それは、その席でも変わらなくて…

どこから出てくるんだろう。あの7つの線あたりが怪しいけど…とわくわくしてた。

今は2日間いったからもう映像は鮮明に覚えてるけど、初日の時点ではどのタイミングで登場したとか覚えてなかった。

出てきたぁぁぁ!ってなった瞬間に、変な話彼らの放つ光というかオーラに目がチカチカして。

それはメンバーだけじゃなくて、関西Jr.たちもだった。

あーアイドルだ。もう、ここは現実世界じゃない。始まった。って。(その時は冷静には思えなかったけど)


話逸れるけど、私は、自担は正直いい意味で適当に決めたから、7人が好きだし、7人の魅力をわかってるつもりなんだけど、

パリピポあたりから自担ということを実感としてわかってきてる気がしてて。

言葉には言い表せないけど目が追ってしまう。

その人の表情だったり、一挙一動、パフォーマンスを少しでも見逃したくないと思ってしまう。

だから大抵重岡さんに目がいってしまうんだけど、登場時には、そういう風に感じる間もなく、関西Jr.を見てた。

驚いたんだよね。衣装が綺麗だったのもあるかもしれないけど、まるで自分たちが主役かのようなキラキラとした笑顔で登場して、まるで自分たちの曲かのように踊る関西Jr.に。

一瞬、目が奪われた。その時の真鳥くんの顔は脳裏に焼き付いてる。

これがファンキー8の魅力かな。このガツガツ感。


ま、すぐに冷静になって目線は重岡さんに戻したんですけど。

ただ、覚えてないんだなー。初日は。全く。衣装もほとんど記憶になかった。

ていうか、近さにやられてた。うん。

どこ見てもメンバー近いし。

流星のスタイルの良さやばいし。

てか、あの下からの目線で眺めることこれから一生ないだろうな………。


ええじゃないかはセンステ行っちゃったから本当に何も見えなかった。笑

コンサート初何も見えない現象。

どっちを見るべきか迷った大いに。

それで目の前を見たら関西Jr.たちが踊ってるではありませんか。

だからそこを見てたら、振りがちょっと違う。可愛かった。

だから、ラキセ仕様なのかな?とその時思ったけど、2日目見てたらメンバーの振りは変わらなかったし。

あ、これがバックのダンスなのね、と思っております。かわいかった。

近くても大きな画面があるし、画面を見る人もいるだろうから関西Jr.を見てる人は少ないだろうけど、ずっと笑顔でアイドルを彼らはしてました。

なんとなく、今輝いてるジャニーズの原点を見た気がするよ。

こうやって自分たちのパフォーマンスを作っていくんだね。

自分たちを見てくれない子達を目の前に、彼らはなにを思いながら踊ってるんだろう。

バンバンッ!で一生懸命、関西Jr.にババババン、ってしたけど、気づいてもらえなかった………そりゃそうか。笑

ここで関西Jr.のことをまとめるつもりはないけど、今回は近かったからこそ、関西Jr.たちのことがよくわかった気がする。

今まで以上にJr.という存在を知れた。

Jr.達がいるのは彼らのためだと思ってたけど、確実に私たちを楽しませる要因としてそこに存在していて、あのステージに立っているからには、その役割を精一杯全うしようとしてて。

誰も「バックだから」ということを感じさせなかった。

同時に「バックであること」も忘れていなかった。

自分のその位置に不貞腐れることなく、場を作り上げるということに関して、責任感を持ってるように感じて。

だから、近くにメンバーが来たらすぐに自分から背を向けてしまうファン達を目の前に、あんなにキラキラとした笑顔でい続けられるんだろうな。うむ。好きだ。



はい、本編に話を戻そう。

そのあとは煽りか!初日の煽りは覚えてない。笑

流星が下手くそか!ってなったことくらい。

2日目でよーくわかったんだけど、煽りがものすごくうまくなってる。

というか、煽りが「煽りです。」っていう感じじゃなかったのね。笑

つまりは、なんていうかな、イェイ!って言わせるための煽りなんじゃなくて、

きちんと初めの挨拶としてのコールアンドレスポンスになっていたというか。

何回言わせんねん!っていう煽りではなかった。笑

慣れたのかな?単純に楽しかった!

濵田さん、好きだ。不器用な感じじゃなくてもうなんかうまいよ!今まではうまくできてなかっただけ?もともと持ってた才能?それとも新しく成長したの?なんなの?好き!崇裕こっち見て♡って感じ。なにあの兄貴。

重岡さん一回も煽り入れなかったよね。そういうところが好き。



て、て、てりぶる

ぶっちゃけもっとガシガシ踊るのかな?と思ってただけに残念だったな〜。これが初日の感想。

ビジュアルに関してはさすが。感動した。

どうしてもツインにわかない私はものすごく冷静に見てたわけだけど、なんとなく二人がやりたかったことが見えたよ。

ただ踊るだけじゃなくて、そのダンスにもかっこよさにセクシーさを乗っけてて。

かっこいい感じとしか言ってなかったけど、ダンスで魅せたかったんだろうなー。って。

初日にもった感想は、私の好みというか予想外な展開に対して感じた違和感なだけで、2日目には二人の世界観が知れた気がしました。


待って長い。切ろうかな。


からの迷宮Summer、PARTYMANIACSは予想外だった〜!

けど、ぶっちゃけここのゾーンはあんまり印象がございません!!!はい!正直!

迷宮Summerの時にのぞむぅが飛び降りたのは2日目の2部で始めて気付いて、素晴らしい演出だと思いました、

パリマニはパリピポのときが一番だと思ってるので、ここでは控えさせていただきます。


きみへのメロディーね!

重岡くん始まりの曲はもう私全部好きなんだけど、重岡くんの切ないか細い高い歌声について語らせたらキリがないのでそれはまた別日に。まあ、初日と2日目の2回目は音がぶれちゃって、頑張れってなったけど、大好きな気持ちは変わらないよ!ありがとう!


これに関しては神山さんと濵田さんな。

二人とも声が透き通っててスーーーンって通るんですよ。

それにいつも胸の心臓の奥深くが、ジーンとなるわけです。

ありがとう。だから好きなんだバラード。

だから、もっと聴かせてくれ、きみへのメロディー。

好きなんだ、2番が。


一旦切りまーす。






ぱりぴぽ

あーもう、私はすごく新しくて好きでした


全部がもう新しくて

新しい彼らを見れて

かつ、新しい可能性を見せてくれた気がして

わくわくしかしなかったし



今まで、ただただ関西のばりばりもりあがってこーぜうぇいみたいな感じ

いや、それも好きだし、それが彼らの軸ではあると思うけど、本当に実力のあるアイドルとして売り出していくには、というか、このアイドル戦国時代、確実な地位を確立するにはそれだけではダメだし、

年齢的にもそれだけではきついところもあるし、

むしろ、そこに頼らずしてできる歌唱力もある程度のダンス力もあると(ただのファンの目線だけど)思う。

だから、それがあらゆる形で示してくれた今回のアルバムはすごい好きだった。


バラバラに見える曲たちは、向かっている方向性は同じような気がするかもしれない。

だから、あ、全体を通して違和感はなかった。


曲って難しいよなー。

なにを伝えたいかなんてはっきり示してはくれないし。

明確なストーリーがあるわけじゃないから、捉えづらい。

けど、やっぱり感覚的にいいなー。ってある。



ここで変わったのは、

流星の歌割りが増えた。

そして、ただ、4人推しは変わらずにあること。



これは、前からバラエティでの露出度も含めて思ってた。

バラエティで呼ばれるメンバーも限られてくる。慣れてる人。



歌割りに関しては、やっぱり根強い人気のあるばどと、ビジュアルで人気のあるメンバー。

確実に流星はそのもとからのビジュアルと、ドラマとかの実績から、歌割りが増えたのは明確。


前々から思ってたのは、やっぱり濵神かなぁ

二人とも歌もダンスもWESTの中で素晴らしい実力者。

ただ、やっぱりアイドルとしての人気はそれだけじゃ難しいのか…

一般受けってところか…

まあ、にしてもどのポジションを取るのかをいまだに模索してる気がする。

それは事務所も考えてるだろうけど…

どう生かそうか…だからこそ、バラエティではなんかしらの注目ポイントを作る。

けど、それがどこで活かされるのか、それはメンバーいてこそのもの。

メンバーとのバランス感覚はわかってるし、さすが7人が7人を活かすから。


1人のアイドルメンバーとしてのポジションを確立するのはまだ難しいか…

確実な実力を持ってるのだからそこを生かせるポイントはないのか…

神ちゃんはずっと模索してる感じするなー。

本人もメンバーも気づいてる、いまいちどこで抜きん出て、頼ればいいのか、衣装とはいえ、グッズはあきとくんが担当してしまってるからWESTを担うほどのデザイン担当ではないし、かといって、曲とかダンスでグループを引っ張るにはまだまだ。

むつかしい。今後どうなっていくのかが気になるところです。

そして、負けず嫌いな彼のことだからいまは必死にもがいてるはず。がんばれ。


濵田さんに関しては、メンバーが確実に必要としている感じだからな。

売り出すという感じではないと思うのだよ。

WESTがWESTとして機能するためのネジ、みたいな。

だから、グループが、売れるためにはメンバーにとって必要。

だから、歌割りって部分、バラエティってところで今表舞台に出れないのは仕方ないのかなって。

でも、やっぱりここから売れていくためには、もっともっと実力を見せる場面も必要だし、見せる実力はあるとおもうから。

あと、本当に濵田さんが魅力を見せるためには、場慣れが必要だなって思う。

メンバーがいる現場はうまく活かされる。けど。少なくなった時、うまく出ない。

そこがポンコツでかわいいけどね(ファン目線入りまーす)

場慣れは必要だけど、今は一つ一つの仕事で爪痕を残し、少しずつ新規、人気を獲得する必要があることを考えると、場慣れさせるためのバラエティ出演はさせられない。

だから露出が低くなる…というのが現状ではないでしょうか。

だから、多くを今はようきゅうできません。

だから、レギュラーでのやりとりが必要です。



あとは、二人の実力にやはりスポットライトを当てることが必要なのかな、と。

まあ、カップリングでやったところで新規の獲得ではなく、担降りを狙うか。

ライブに来てくれた記者さんに書いてもらう?

んーーー他のアーティストがどう売れてきたのか…とりあえず、実績を作らなきゃだろう。


ツアーに期待\(^o^)/



ねる。ねむい。