2018年、あけましておめでとうございます。

Facebookにあげようかと思った内容をこちらに失礼いたします。

あけましておめでとうございます。

2017年を振り返ります。ふと。
去年は社会人2年目になりまして、
社会人1年目で、右も左も分からずただがむしゃらに走り抜いていた時よりも、
少しは周りが見えながら進んでたかなと思います。

ただ、その分業務上できることが増えて、忙しくなったからこそ、
目の前に積み上がってる目標数字と、
お客さんからの連絡とをひたすらに"こなす"日々だった気がします。

それって多分、周りにはしっかりバレてて、
たまに飲みながら指摘されて…
2年目にして反抗期を迎えながら、周りの人に気づかされました。

それは、自分の中で2年目としてのいろいろなものに対する覚悟が足らなかったなと。

自分のやりたいこと、それもかなーり漠然と抱いているものを夢に見すぎて、
自分の足元が見えていなかった。
自分では人よりも器用に階段を上がっている"つもり"になってた。

それが、実は先を見すぎて、階段を上がれていなかったんだね。足踏み状態。笑

2017年、2年目が始まる時、継続して結果を残すことに意味があると思って、
自分に自信をつけさせる1年にしようと決めました。
それは、"こなす"日々の中でも、たくさんの人に助けられながら、
自分のここは信じてあげられるっていう部分を見つけられました。

2018年、まだ2年目終わってないので、
今期のお客さんには全力で熱を持って向き合って
より「営業」としての動き方を濃くしていきたいなと思います。

社会人3年目、結局月並みなところに辿り着いちゃったんだけど、
この後たくさん入ってくる後輩のロールモデルになりたいなと思いました。

というのも、
まだ言語化できていないけど、自分のなりたい像、が徐々に見えてきて、
それって多分会社にはまだいなくて、だからこそ私の個性だと思うから。
後輩の一つの選択肢として、私が加われるくらいに、「自分」を確立したいなと思います。

まだまだ先は長い。けど確実に上っていきたい。
近道はないと思うから。

「のん、仕事楽しいの?」とか去年はよく聞かれたけど、ぶっちゃけ楽しくなかったです!ばれたか!笑
うん、でも、それって自分次第な部分だと思う。
会社の未来を担ってる人事さん達と接してきたからこそ、
色々な形のキャリアがあるって思えるし、
まだ2年目、どうにでもなるって思えた。

というわけで、まだまだ私のキャリアはここで止まらないから、
今後もたくさん頑張っていこうと思います。
覚悟を持って。

ハムレット

ハムレット観に行ってきた。

 

あれは、一慶くんが崩れたら全部なくなるってくらい、一慶くんの舞台だった。

そして、それをやってのけてた。

 

 

今まで何回か観てるけど、いつも器用で。整った演技で。言ってしまうと器用すぎてなんかつまらないってこともあった。

 

でも、今回はその器用さから一歩前に出て、

一慶くんのハムレットを堂々とやってのけてた。

その熱がすごかった。

だから、言葉は難しくて入ってこないことがあっても、でも伝わってくるみたいな。

そんな感じだった。

あーこれがシェイクスピアか、って思った。

初めて、シェイクスピアが理解できて、面白くて、どきっとした。

 

 

演技ってやっぱりその人の「気持ち」が乗るんだなと思った。

どんなに上手く言葉を発せても、どんなに滑舌良く話せても、気持ちが乗らないセリフは

頭に入ってこない。

 

でも、どんなに気持ちがあっても、発生の基礎ができてないとそれはそれで

「下手」って烙印を押されちゃう。

 

ベテランであれば、基礎、土台はしっかりしているとして、

いかにその人らしさが出るのか、出せるのか。

若手であれば、基礎、土台はないにしても、それを積み上げて行く「気持ち」が乗ってくる。

 

そうなのかな。

日常生活でもそうかもしれない。

まだまだ基礎、土台なんてできてないのに、

そこをできてると思って、気持ちにばっかり目が行くと年次ばかりが上な、できない先輩になっちゃう。

ううう

中途半端と言われる所以はそこか。

驕りがあるのか。ふぅ。

 

そんなことを思ったなあ。

基礎、土台を積み上げる努力は怠っちゃいけない。

できてると思っちゃいけない。

 

はい。そうだね。頑張ろう。笑

会社

じゅんさんと飲みに行ってきて、

久々に自分のことを話した。

 

確かに、繁忙期を迎えて「なんでこんなことしてるんだろ。」と思ってたし、

とはいえ、自分の将来のこととか考えられなかったし、

そもそもやりたいことないし。笑

 

 

だから、結局話してても自信のある答えなんかなくて

全部、

「まあ、一概には言えないとは思うんですけど。」

と保険をかける。

 

今日みえたのは、

そうやって今の環境に言い訳をし続けて

ここから抜け出すことはなく

でも、今の環境をどう生きていくかも考えない。

そうやって今を切り抜けようとしてるんだろうな。

 

 

そうやって、今の自分は否定せず、

でも、一定の信頼は保ちつつ、

試験を一夜漬けでなんとか終わらすみたいに

この一年をやりきろうとしてるんだろうな。

 

 

そんなんで、1年後、どうなってるんだろう。

そんなんで、果たして自分がなりたい社会人をやれてるんだろうか。

 

そもそもなりたい社会人ってなんだったんだろう。

わからないからやらなくていいのか。

やらないってそんなリスクを負っていいのかな。

 

 

やっぱりもっと自分を省みるべきだし、

もっと自分に向き合ってあげるべきだと思った。

 

あーいう大人になりたくないなら

そうならないように生きていかなきゃ。

あーいう風な仕事の仕方をしたくないなら

ただ愚痴を言うんじゃなくて、

もっと自分を律していかなきゃ。

 

あの人のそこを真似たいなら、

そこにはストイックにならなきゃ。

あの人のいいところを自分が得て、

あの人を超えたいなら

行動に示さなきゃ。

 

 

最近、会社で思うこと。

20170809memo

・営業とディレクターは友達じゃない

・アカウントを握るのは営業

・お客さんのことを全て知ってるのが営業じゃない(小島さん、成瀬さん)

 

まだ落ち込むほど頑張ってない

できることってある

できるのにやってないことってある

うちから提供できるものってあるもっと

提供しようとしていないだけ

そこまで頭を悩ませてないだけ

考えて動いてないだけ

もっと単純なことじゃなくて

"好き"な人

まじで好きな人がいるんだよね。

考え方に全て共感とかは絶対ないけど、

よく言うと人柄とかなんかそういうものがとってもツボ。

嫌いなところもあるし、まじで曲がってるなって思うけど

それが私からしたら持ってないものを持ってるってことで本当に大好きになる。

 

そんな中で似てるところとか

合うところを見つけられたらものすごく嬉しいけど

知らないことをたくさん知ってて教えてくれるから大好きみたいなところもあるよね。笑

 

 

だから、やっぱり私はきっと

自分にないものを持ってる人に憧れるし

自分と違うところがある人に惹かれるんだろうなぁ

 

似てることに意味を感じない

安心することに意味を感じない

 

好きな人といれないのであればそれは私にとって楽なのかもだけど"楽"しくはないし。

 

というところが問題よね。

人のそんなところ知ろうなんて難しいしできないんだけど。

だから問題なんだけど。

 

 

私の話も聞いて欲しいし、

私に話して欲しいし、

会社の文句じゃなくて、

その人がどうしたいのかを教えて欲しいし、

そもそも自分がどうありたいかを考えてない人と話していられる気がしないし、

好きなものを話したり、どの映画がいいとかも話したいけど

そればっかりは耐えられないし、

 

と、考えたらだんだん彼が私に合わないという言い訳になってくるんだけど

これも会社選びと同じだろうか

その人に興味がわかないのはどうなんだろうか

 

難しいね。

本や舞台やコンサート

角田光代さんの薄闇シルエットをきょんちゃんから勧められて、本屋に買いに行ったはいいものの置いてなくて

せっかくなので、角田光代さんの本をペラペラと開いて、「さがしもの」という本を買いました。

(結局きょんちゃんから勧められたやつは買えてないごめん)

 

15時からダンスだからとお昼にはバイバイして来たわけだけど、

なんだか今日はどうもダンスよりもカフェでグダッとしたいなぁとずっと思ってた。

あーもうダンス飽きたのかな。いやでもダンスは続ける、金払ってるし。でも今日は違う。

と自分に言い聞かせて、いつものエクセルに来てみた。

 

今日はジャニーズWESTかデビューして3周年。つまりは、もうすぐで私もファンを始めて3周年。おめでとう。

変わらず、毎回パワーアップしてくれる7人に私はファンを続けることができている。

いつも違う姿を見せてくれてありがとう。これからもどんどん大きくなってね。

 

「さがしもの」を開いてみた。

あれ、私またいろんな女の恋愛短編集買ったんだっけ?なんだっけ?

と思いつつ読み始めてみたら、

本を読んでる人の短編集だった。

そうだった、ことばを大切に、あなたの大切なことばを探して、的な裏表紙を読んで手に取ったんだった。

 

読んでると、私もこの中の話よりも、読んでる自分にベクトルが向いてくる。

私はなんで今日ダンス行きたくなかったんだろう。なんでカフェかなんかでグダッとしたかったんだろう。

そうか、私も私と向き合う時間が欲しかったんだ。

私が何を考えていて、何に心をうごかしているのか。というよりは、何かに対して心を動かす、思考を巡らす時間が欲しかったんだ。

 

そうか、だから私は毎週舞台かコンサートか本か、それとも誰かと何かについて考えながら話したくて。

それが今までできていたから、休日が休日だったんだ。

「休む」ことが私にとっての休日じゃなくて、流れる時間を忘れて「考える」そして、自分を「整える」のが私の休日だったんだ。

 

隣の子がファンレターを書いていた。

書き終わって、ある時にトイレに立ち(多分メイクを直して)、いそいそと席を後にして行った。

あーきっとあの子は好きな誰かに対して、少しでも自分を磨いた状態で、その誰かに会いに行ったんだなぁ。

そして、少しでも「あなたのことが好きだよ。応援してるからね。」って伝えようと、LOFTで便箋を買ったんだなぁ。

そんな気持ちを向けてもらえるなんて、と、その「誰か」に、しっかりしろよ、と思う。笑

ふむ、隣のあの子の気持ちを引き出すものを作りたいし広げたい。

そんな素敵な仕事をしてるなんて、羨ましすぎる。

改めて、しっかりしろよ、と思う。

 

私にとっての本や舞台やコンサートって

私の「休日」であり、私の「目指すところ」であり、なかなかに私にとって深いものなんだなって思った。

 

以上。

最近思うこと

「オトメのおもちゃ」

脚本、演出がとっても面白い。

ターゲット層がものすごいはっきりしてるからこそ、そのターゲット層から外れてる人でもきっと、異次元、変な空間に笑えてきてしまうっていう。


でも、あらゆるところに散りばめている笑いとか、ネタはそのままにしないで

きっちり拾ってくるところが、これが「舞台」として、「演じられる」作品なんだなって思う。

コントだったらそこでウケれば、それが評価でお笑いだから。


最初はゲーム画面をイメージして一つ一つの動きも付けられてて、

ちゃんとゲームの世界を再現してるんだけど、

「真っ正面だとわかりづらいから、普通にやって!!」的なスイッチから、

普通のシチュエーションにもってきていて、

そこも演出がうまいなあ〜と。。。

最初のゲーム的な動きは、笑いをとるためじゃなかった………



樋口くんの役は難しい…全部が漫画的なツッコミで、間も何もなく、あそこから始まるから…どうしても違和感になっちゃう。

そのうち、それが観てる側にとって普通になってくるから、面白く見えてくるんだけど、

中々むつかしい………

それと、声がうまく伝わってこないから、流されてしまう…笑いどころがサラッと流されてしまう…

でも、だから彼なりにすごく綺麗にやってる気はする…逆に綺麗すぎるくらい。


あとは、白鷺さん以外はあの現実世界にはない感じが良し。笑

下手っぽい?棒読みっぽさ?それを本人たちが意識してるかわからないけど、

2.5次元っぽさ?笑


いやー、にしても、キャスティングも、脚本も演出も、あの舞台は全てが、土台の良さで成り立った。

役者の名前でも、ファンでもなく、とにかく土台がしっかりしてるから。

いいなーすごいなー


でも、あれでも客が埋まらないのが本当にもったいない。

なんで、マーケティング?プロダクションの強さ?

十分に客を呼べるキャスティングだと思うし、立地も悪くない。

宣伝のせい?



ってところから、私が何をやりたいのかわからなくなってくる。

多分、私はあんな面白い舞台を仕掛けることも思いつくこともできないと思うけど、

それを、宣伝することならできるんじゃ?と思った。今は無理だけど。


「面白いもの、いいものを作れば自然と人が集まる空間が作れるはず。」

実際はそんなこと全然なくて、

いいものが観られなくて、客寄せパンダが大きいほど面白くないものが観られる。

中にはそれでも面白いものもあるんだけど。

客寄せパンダは、俳優であり、最近は「原作」になってる。

「原作」は面白いから、舞台も面白くなるはず。

じゃなくて、「原作」が人気あるから、人が入るはず。

完全に商売の匂いしかしない。

それってどうなんだ……まあ、これが世の中なのですが。


難しいな〜

わからなくなってきた。